PBR(株価純資産倍率)

PBR(株価純資産倍率)

👉

PBRとは

PBR = Price Book-value Ratio、株価純資産倍率のこと。

株価が1株あたり純資産(BPS)の何倍かを示す指標で、純資産を基に株価の割安/割高度を算出するために使います。

PBRの計算式

一般的にPBRが低ければ低いほど「割安」と評価でき、高ければ「割高」となります。

PBRが低い場合、なぜ割安なのか

PBRは株価を1株あたり純資産(BPS)の何倍かを示す指標です。

1株当たりの純資産(BPS)は単純に純資産を発行済み株式数で割った数字になります。このBPSは会社が解散して資産を分配した際に1株あたり手にする金額でもあります。

そのため、BPSより株価が低ければ実際の純資産価値よりも評価が低いと見做されるわけです。

例:株価500円、BPS 600円の場合

PBR = 株価 500円 ÷ BPS 600円
  = 0.83 > 1

となり、解散価値よりも株価が低く売られすぎと判断ができます。

しかしながら、PBRが低くとも成長性や事業領域に難を抱えている場合は将来的価値を織り込んでの市場評価をされていることもありますので、PBRが低いからといって必ずしも割安ではないという点に注意が必要です。

この記事は役に立ちましたか?
Dislike 0