最終更新: 2023年8月29日
👉

有効求人倍率は全国のハローワークで仕事を探す人1人当たりの求人数を示しています。

各都道府県の労働局、厚生労働省が毎月月末または月初に公表しています。

有効求人倍率は求職者がどれだけ就職しやすい/しにくいかを表しています。有効求人倍率が2.0なら求職者1人に対して、求人募集が2件あることを意味しています。

そのためこの指標は、経済が上向き人手不足となっていれば高くなり、反対に経済が下向き求職者が増えたり企業の採用が減ると低くなります。

注意が必要なのは、この指標の算出に使われるデータは「ハローワーク」で仕事を探す人1人当たりに対する求人数ですので、必ずしも経済の全体像を表しているわけではない点です。

最新の情報は厚生労働省ホームページ「報道発表資料」の当月ページに掲載されます。

リンク:https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

なお、有効求人倍率は「一般職業紹介状況について」というタイトルでホームページに掲載される。

この記事は役に立ちましたか?
いいえ 0
Views: 49