[#8]原神のmiHoYoがNetEase越え、コーエーテクモ上方修正
[#8]原神のmiHoYoがNetEase越え、コーエーテクモ上方修正

[#8]原神のmiHoYoがNetEase越え、コーエーテクモ上方修正

おはようございます、GOEMONです。

一昨日、昨日は特に気になるニュースがあまりなく落ち着いていますね。

本日から金曜日までに要チェック銘柄の決算発表が溜まっているので、週後半に備えます。


ゲーム

原神のmiHoYoがNetEaseを抜きパブリッシャーランク2位に

これまで1位のTencentに次ぎNetEaseが中国スマホゲームパブリッシャーとして位置していましたが、原神のmiHoYoが9月の月間ランキングでは2位になったそうです。

記事によると、全世界のスマホゲーム売上のうち中国パブリッシャーが占める割合は42%にも及ぶとのことで影響力の大きさが伺えます。

国内でも中国ゲームがリリースされるとプロモーション規模も段違いですし、クオリティも近年は非常に高いのでこれからも増えていきそうですね。


決算関連

コーエーテクモHD Q2の業績予想を上方修正

三國志 覇道と中国向けのIP許諾によるロイヤリティ収入が好調なことを受けて、大幅に増収増益の上方修正が発表されました。Q2までの中間期の連結決算の修正後予想は下記の通り

・売上高:370億円(前年同期比59.8%増)
・営業利益:160億円(同89.4%増)
・経常利益:250億円(同63.5%増)
・最終利益:180億円(同51.9%増)

なお、Q2の決算発表は10月25日に予定されています。

コーエーテクモに関しては昨年4月の記事にて「次の三國志シリーズの新作の出来が重要になる」と書きましたが、三國志 覇道がヒットしましたし、全体としてかなり好調ですね。

昨年4月の記事を張っておきますので、1年半前時点での分析から現在の数字を見ると順調なことがよくわかります。

https://note.com/goemonbiz/n/n1cf2637ae12b


今週の決算発表


10月13日(水)

Gunosy [6041] Q1

ケイブ [3760] Q1


10月14日(木)

UUUM [3990] Q1

ロコンド [3558] Q2

ほぼ日 [3560] 通期


10月15日(金)

マネーフォーワード [3994] Q3

ビザスク [4490] Q2

ベクトル [6058] Q2

ウォンテッドリー [3991] 通期

グッドパッチ [7351] 通期

ブロッコリー [2706] Q2

ココナラ [4716] 通期